CONTENTS

スタートアップ

スタートアップ

2019/09/17

目次

motusTHROWの取得方法

iOS App storeから「motusTHROW」と検索してアプリを取得してください。App store内でアプリが見つからない場合は、下記リンクをクリックしてください。

https://apps.apple.com/us/app/motusthrow/id1029619857

※「motusTHROW」はiOSのみ対応です。Android、macOS、またはPCではご利用できません

mtousTHROWアカウントの設定

これからmotusTHROWを使い始める場合は新規登録を選択してください。
登録には、名前、メールアドレス、パスワードを入力します。

※1アカウント毎にメールアドレスの登録が必要です。違うアカウントで同じメールアドレスはご使用になれません。

選手アカウント・コーチアカウントの選択

登録を進めると、選手かコーチか尋ねられます。選手アカウントは個人用のアカウントです。コーチアカウントは、選手アカウントを一覧に登録することで、複数の選手アカウントの情報を閲覧/管理することができます。

※一度選手アカウントで登録すると、同じメールアドレスでコーチアカウントに変更/登録できませんので、ご注意ください。

アカウント使用者が13未満の場合

アカウントを選択すると、生年月日の登録画面に移動します。

※13未満のお子様が「motusTHROW」アプリをご使用する場合は保護者の同意が必要となります。

登録のメールアドレス宛に下記内容のメールが届きますのでご確認ください。
メール内容に同意すると、認証コードが送られてくるので、コードを入力してください。

データ解析に必要な情報の入力

選手アカウントを選択した場合、その他プロフィールの情報を入力します。
年齢・身長・体重の情報はアプリがーデータを分析する際に必要な情報です。
プロフィールの情報は設定からいつでも変更可能です。

センサーとの接続

既にmotusセンサーが充電してあり、近くにある場合は、アカウント登録中にセンサーを登録できます。充電がない、もしくはセンサーが近くにない場合は、今はしないをタップし、後で登録してください。

お疲れ様でした!アカウントが登録されました!

「motusTHROW」を使用してトレーニング量とコンディショニングを管理し、
 選手のパフォーマンスを最適化する準備が整いました!

アカウントとセンサーを接続する

motusセンサーは、motusTHROWアプリから直接Bluetooth接続する必要があります。携帯端末のBluetooth設定からセンサーを接続することはできません。

ホーム画面右上隅に、センサーアイコンがあります。このアイコンは、センサーの接続状態や投球データがセンサーに蓄積されているかどうかを表示します。
センサーと接続する際はこのアイコンをタップしてください。

センサーアイコンが赤色の時はセンサーはまだ接続されていません。
センサーアイコンをタップして「センサー管理」画面から「センサーを追加」してください。

アプリは、接続可能なセンサーを周囲から検索します。検索されたセンサーは
motus###と表示され、###の部分はセンサー裏面に記載のシリアル番号の最初の3桁が表示されます。センサーが表示されない場合は、充電があるか、別のデバイスにセンサーが接続されていないかを確認してください。

センサーが表示されたらタップして接続します。
接続にはPINコードの入力が必要です。PINコードはセンサー裏面に記載のシリアル番号の下5桁ですので、入力してください。

センサーアイコンが青色になっていれば接続完了です。
センサー名をタップすると、接続/切断または、データの自動同期の有効/無効などセンサーの設定を行うことができます。

motusスリーブとセンサーの装着方法

再生をタップしてご覧ください。

アドバンス機能を解放する

1球ごとの投球動作をリアルタイムで表示できる、
「ライブモード」や「ビデオモード」などより高度な機能をアプリ内で
使用できるのが、「アドバンス機能」です。

「アドバンス機能」は設定で機能を解放しないとご使用になれません。
解放の方法は下記説明をお読みください。

選手アカウントの場合は、マイアカウントの設定から、コーチアカウントの場合は、選手一覧画面の左上にある設定をタップしてください。
設定をタップして、下へスクロールすると、「アドバンス機能」の項目があるので、
タップして「アドバンス機能を有効にする」をタップしてください。
有効にすると、機能が解放されます。ホーム画面に項目が追加されるのでご確認ください。

センサーに蓄積されたデータをアプリに同期する

センサーに投球データが蓄積されるとセンサーアイコンに「!」マークが表示されます。センサーアイコンをタップすると同期画面に移動します。

同期画面に移動し、「同期する」をタップすると、「タグ付け」機能が用事されます。タグ付け機能は蓄積した投球データがどのような種類の投球だったかを記録できる機能です。

タグ付け機能

キャッチボール、ブルペン、試合、遠投、+新しいタグを追加する、ボールの重さ(カスタム)から、タグを選択することができます。蓄積データの投球の種類によってタグを選択してください。タグ付けすることで、データの管理がしやすくなります。

タグのブルペン・試合は球種ごとにタグ付けが可能。
遠投は距離ごとにタグ付けが可能です。
+新しいタグは好きなタグをカスタムすることができます。

同期完了

タグを選択したら、「同期する」をタップしてください。
アプリにデータが同期されたらホーム画面に戻ってください。
センサーアイコンから「!」マークが消えていたら同期完了です。

使用開始から3日間は表示されないモード

MOTUSスコア・ダッシュボード・トレーニングメニューは使用開始から3日間は表示されません。

MOTUSスコア・ダッシュボード(A:C値)・トレーニングメニューは、
使用開始から3日間は蓄積データ量が不十分な為、表示されません。
3日間使用し、ある程度のデータが蓄積されることにより、表示されます。

「アドバンス機能」の「ライブモード」などは設定から機能を解放することにより、データが蓄積されていない状態でも、すぐにご利用できます。