CONTENTS

遠投モード

トレーニング時に活用する機能

2019/09/03

遠投モードについてご説明いたします。

目次

遠投モード

遠投モードは、さまざまな遠投距離でのアームストレス値、アームスロット、ショルダーローテーション(2nd外旋)などをフィードバックします。

まず、センサーに接続し(参照:アカウントにセンサーを追加)、[アドバンス機能]を開放してから、「遠投モード」をタップします。「遠投モードを始める」をタップし、最長遠投距離を選んでから「次へ」をタップしてください。

「カスタム」は、ボールの重量、距離、および各距離での投球数を選択できます。メニューを選択したら、蓄積済みのすべての投球を一度にダウンロードするか、各投球をリアルタイムに計測するか選択できます。投球を一度にダウンロードすることを選択した場合、遠投の距離と数を想定してタグ付けをします。

遠投モードを完了すると、遠投中のアームストレス、アームスロット、ショルダーローテーション(2nd外旋)の数値の変動を示すレポートが作成されます。レポート内容を基に現状況で安全に投球できる最大投球距離もフィードバックします。

遠投モード完了後、記録したデータを試合日用として選択できます。選択したデータは、試合中に投球可能な投球数をフィードバックするために使用されます(「ゲームデーレポートの生成」を参照)。