CONTENTS

コーチアカウントでのチームデータの同期

コーチアカウントについて

2019/09/03

コーチアカウントでのチームデータの同期についてご説明いたします。

目次

コーチアカウントでのチームデータの同期

「motusTHROW」アプリを使用すると、チーム全体のデータを簡単に同期できます。まず、名簿上の各選手アカウントにつき1個のセンサーを登録(「センサーをコーチとして管理する」を参照)。次に、各センサーを電源に差し込み充電しながらの状態で、デバイスに近づけます。次に、センサーからデータを転送する準備ができたら、アカウント一覧の下部にある「選手一覧を転送する」ボタンをタップします。

アカウントに登録しているセンサーを検索します。各選手のタグを選択し(データのタグ付けを参照)、転送を開始する準備ができたら[同期データ]をタップできます。

すべてのデータが転送されて保存されると、転送されたデータの詳細が表示されます。エラーが発生した場合は、選手一覧転送をもう一度試すか、各選手アカウントのホーム画面に移動して、データを手動で転送してください。(「蓄積したデータの同期」を参照)