CONTENTS

購入後の初期設定の流れ(セットアップ)

初期設定(セットアップ)

2019/09/17

motus BASEBALLご購入後の初期設定の流れについてご説明いたします。

目次

初期設定の流れについて、動画にて紹介しているページがあります。
こちらも参考にしてください。
https://onsideworld.com/contents/setup/introduction-movie/

PULSEthrowアプリの取得方法

iOS App storeから「PULSEthrow」と検索してアプリを取得してください。App store内でアプリが見つからない場合は、下記リンクをクリックしてください。

https://apps.apple.com/jp/app/pulse-throw/id1029619857

※「PULSEthrow」はiOSのみ対応です。
Android、macOS、またはPCではご利用できません

PULSEthrowアカウントの設定

PULSEthrowを使い始める場合は新規登録を選択してください。
登録には、名前、メールアドレス、パスワードを入力します。

※1アカウント毎にメールアドレスの登録が必要です。違うアカウントで同じメールアドレスはご使用になれません。

選手アカウント・コーチアカウントの選択

登録を進めると、選手かコーチか尋ねられます。選手アカウントは個人用のアカウントです。コーチアカウントは、選手アカウントを一覧に登録することで、複数の選手アカウントの情報を閲覧/管理することができます。

一つの端末で複数の選手のデータを閲覧したい場合はコーチアカウントをご使用ください。

※一度選手アカウントで登録すると、同じメールアドレスでコーチアカウントに変更/登録できませんので、ご注意ください。

アカウント使用者が13未満の場合

アカウントを選択すると、生年月日の登録画面に移動します。

※13未満のお子様が「motusTHROW」アプリをご使用する場合は保護者の同意が必要となります。

登録のメールアドレス宛に下記内容のメールが届きますのでご確認ください。
メール内容に同意すると、認証コードが送られてくるので、コードを入力してください。

選手パーソナルデータの入力

選手アカウントを選択した場合、パーソナルデータを入力します。
年齢・身長・体重の情報はアプリがデータを分析する際に必要な情報です。
プロフィールの情報は設定からいつでも変更可能です。

センサーとの接続

既にmotusセンサーが充電してあり、近くにある場合は、アカウント登録中にセンサーを登録できます。充電がない、もしくはセンサーが近くにない場合は、
今はしないをタップし、後で登録してください。

アカウントとセンサーを接続する

motusセンサーは、PULSEthrowアプリから直接Bluetooth接続する必要があります。スマートフォンのBluetooth設定からセンサーを接続することはできません。

ホーム画面右上隅に、センサーアイコンがあります。このアイコンは、センサーの接続状態や投球データがセンサー内に蓄積されているかどうかを表示します。
センサーを接続する際はこのアイコンをタップしてください。

センサーアイコンが赤色の時はセンサーは未接続を表します。
センサーアイコンをタップして「センサー管理」画面から「センサーを追加」してください。

アプリは、接続可能なセンサーを周囲から自動検索します。
検索されたセンサーは
motus###と表示され、###の部分はセンサー裏面に記載のシリアル番号の最初の3桁が表示されます。センサーが表示されない場合は、充電があるか、別のデバイスにセンサーが接続されていないかを確認してください。

センサーが表示されたらタップして接続します。
接続にはPINコードの入力が必要です。PINコードはセンサー裏面に記載のシリアル番号の下5桁ですので、入力してください。

センサーアイコンが青色になっていれば接続完了です。
センサー名をタップすると、接続/切断または、データの自動同期の有効/無効などセンサーの設定を行うことができます。

アームストラップの装着方法

アームストラップの装着方法については下記リンクからご確認ください。

https://onsideworld.com/contents/setup/pulse-armstrap/

ライブモード

    

センサーとアプリを接続して、ストラップの装着が完了できたらライブモードを使用して投球動作の数値を確認してみましょう!

下記画像の赤丸のアイコンをタップするとライブモードが使用可能になります。

※身長/体重の入力は忘れずに行ってください。

   

センサーに蓄積されたデータをアプリに同期する

ライブモードが使用できない状態(センサーとデバイスの距離が遠い)の時は、
センサーに電池が残っていれば、一度センサーにデータが蓄積されるので、センサーからデータをアプリに同期してください。

センサーに投球データが蓄積されるとセンサーアイコンに「!」マークが表示されます。センサーアイコンをタップすると同期画面に移動します。

同期画面に移動し、センサー内のデータをアプリに同期してください。
※センサー内には400球までのデータの一時保存が可能です。

同期の際に「タグ付け」機能を使って
センサー内のデータにタグをつけてアプリに同期しましょう。
タグ付け機能は蓄積した投球データがどのような種類の投球だったかを記録できる機能です。

タグ付け機能

キャッチボール、ブルペン、試合、遠投、+新しいタグを追加する、ボールの重さ(カスタム)から、タグを選択することができます。蓄積データの投球の種類によってタグを選択してください。タグ付けすることで、データの管理がしやすくなります。

タグのブルペン・試合は球種ごとにタグ付けが可能。
遠投は距離ごとにタグ付けが可能です。
+新しいタグは好きなタグをカスタムすることができます。

同期完了

タグを選択したら、「同期する」をタップしてください。
アプリにデータが同期されたらホーム画面に戻ってください。
センサーアイコンから「!」マークが消えていたら同期完了です。

スケジュール設定をしましょう

それぞれのフェーズに合わせて
スケジュール設定をすることにより

スケージュールに合わせて
推奨1dayワークロード
が、構築されていきます。

設定することで、試合日に合わせて
日々のワークロードを調整してくれます。

PULSEアプリを使用する際は、
スケージュールを設定して使用しましょう

推奨1dayワークロードを確認しながら投球量をコントロールしましょう

今日どれくらい投げればいいのかが分かる!

推奨1dayワークロードは選手の肘のコンディションとスケジュールで設定した
目標日を基にその日の最適な投球量を表示します。

この数値は、ケガのリスクを最小限に抑えつつもその日行えるMAXの投球量です。

ケガ予防=投げさせない
ではありません!

投げなさすぎは逆にケガに繋がります。
肘を開幕日に向けて強化、シーズン中はコンディションの維持
をする必要があります

推奨1dayワークロード基に毎日投球トレーニングを実施することで
選手主動でも安全かつ強度を落とし過ぎない
適正な投球負荷量で選手を復帰まで管理することが可能になります!