NEWS

2019/09/03

INFORMATION

SANSPO.comにも掲載されました!

斎藤佑樹選手は「motus BASEBALL」を導入しています。

motus BASEBALLは、メジャーリーグでは公式戦での着用も認められており、腕へのストレス、投球動作を数値化し、
ケガの予防、コンディショニング、パフォーマンスをアプリで管理できるデバイスです。

斎藤選手は「Motus」に対して、

「肘の角度を計測してくれて、知らないうちたまってきた疲れとかを把握できる。自分を知るって大事じゃないですか」

とコメント。

斎藤選手のように常に自身の体の事を考え、最高のパフォーマンスを発揮できるようにするには色んな新しいことに自らチャレンジしなくてはいけないのかもしれません。
このような姿勢は全ての野球選手にも同じ事が言えると思います。

「MotusBASEBALL」は自分の肘の状態を客観視できるので、自分を知るという意味でも皆様のお力になれれば幸いでございます!!

 

引用元:https://www.sanspo.com/baseball/news/20190731/fig19073111000001-n1.html